2020年07月24日

DLsite夏セール情報

DLsiteさんの夏セールに参加しております。
3作品50%オフで、9/23までよ!

Pirates7(パイレーツセブン)』(シミュレーションRPG)
RJ230945_img_main_240x240.jpg

白桜ガールズファイト!』(格闘少女育成SLG)
RJ160845_img_main_240x240.jpg

Dead End Junction』(西部劇ビジュアルノベル)
RJ127684_img_main_240x240.jpg

よろしくお願いしますー。
posted by ひづめ at 01:07| Comment(0) | ゲーム制作

2020年07月06日

『The Last of Us Part II』(PS4)

※ラスアス2ネタバレのある感想なのでご注意ください
lus7.png
クリアしたのですが、どうも賛否両論みたいな評判なんですよね。
期待の続編だったこともものの、ゲーム面でもちょっと?なところはあるし、
シナリオ構成の問題があって荒れてしまったのかという感じです。

とはいえ「救いがない」みたいな意見を見ると、
いや必ずしもそうとも言えないのでは?と思って、自分なりの解釈を考えていました。

プレイ中、エリーの考えが読めないというか心情がふらついているというか、
今作はエリーの復讐劇といわれていたわりには、いまいち本気に見えなかったんですよね。
これ、クリアするまでは見せ方が悪いのかと思っていたんですけど、
そうではなくて、本当にそこまで強い気持ちで復讐に出たのではなかったのではと。

lus6.png
最後の最後、エリーとジョエルの回想があるのですが、
そこでエリーはかつてジョエルがしたこと(前作の最後)を
「許せない、でもいつかは許したいと思っている」というようなことを云うんですよね。
ジョエルに対する愛はあるけど、恨んでもいる。そういう愛憎があるというか。
でも、今作の序盤にジョエルは死んでしまう。
結局許すことはできないままお別れになってしまうんですよね。

許しを与える前に死なれてしまったことでエリーには罪悪感が残ってしまって、
こうなったらもう復讐をすることでその代わりとするしかない。
それがジョエルを、自分の苦しみも救うことになる……
そういう義務感や焦燥感から来る復讐心だったんじゃないかな、と。
なのでシアトルに入っても、どこか淡々とした様子だったり、
復讐相手の仲間を殺したときに動揺してしまったりする。
覚悟が弱かったので、終盤に肝心の復讐相手に負けたときに心が折れて諦めてしまう。

lus9.png
その後、平穏な生活を送っていたわけですが、まだジョエルのことはトラウマになっているので
ふとしたことでフラッシュバックしたり、悪夢に見てしまう。
そのことで「自分はまだ赦されていないのでは」と思っている。
それでトミーに焚きつけられて、諦めていた復讐にもう一度乗り出す。
ここでもやっぱり、「やってやるぞ!」という感じではなくて悲壮感が漂う。

それで、やはり結局はアビーを殺すことはできなかった。
終盤のアビーとレヴはかつてのジョエルとエリーを思わせる関係性になっていますね。
エリーもそれを察して、だから殺せなかった。
でもアビーを見逃せたことで=かつてのジョエルをようやく赦すことができたんではないかと。

lus5.png
ラスト、アビーに指を食いちぎられたためにギターを弾けなくなり、
ジョエルとの思い出に浸ることができなくなってしまう。
これも一見悲しいシーンに見えますけど、エリーからするとようやく
『ジョエルの死』に縛られていた苦しみから解放されたということで、
だからこそ自分からギターを置いて行けたのではないかと。
そう考えると、エリーが新しい生き方を歩み始めたように見えるんですよね。

前作ってラストの展開のために半端な状態で終わるんですけど(それが良い)
今作はそのために宙ぶらりんになっていたエリーがケジメをつける話に思えました。
そういう意味では紛れもない続編だし、
復讐自体は未達成で問題なかったんじゃないかと思いました。


まぁ別に今作の全てに納得したわけではなくて、変なところは多かったですけど。
最後まで遊んでみると「よかったな」とは思えました。
とはいえ、エリーが今度どう生きるかは気になります。
元々死ぬ覚悟をしていたのに死ねなくて、ある意味14歳からずっと余生みたいですよね。
続編はむつかしいかもしれまsねけど、このあとエリーが何かを成そうとか、
そういう話であればぜひ見届けたいと思いました。
posted by ひづめ at 03:02| Comment(0) | ゲーム感想