2016年09月17日

みんなも行こうねTGS

コミで次回作の体験版を出すのも難しい状況なので、
ガールズファイトのファンディスク的なものでも並行で作ろうか、と検討中。
会話イベント集ね。
本編ではキャラ同士の会話が少なくて残念、とか云われてましたから……
冬コミ受かるかも、どういう形態で配布すればいいのかも分からないけど。
しかし三ヶ月しか時間がない! 素材の追加とかなくても短く感じる。
Enfant Terribleやアイマイガールズは素材追加あったのに三ヶ月くらいで
完成させてるけど、当時そんなにヒマだったのかしら?w
まぁとりあえず企画中……ネタください!

 ======================================================================


とりあえずの目標であった全キャラのエンディング達成。
やってない人にはどんなもんか分からないと思いますけど
完全にやりこみ状態でプレイ時間も70時間突破してますぞ。
次の目標は全員Aランクだ!(ペルソナ5もやるけど)

なんでそんなにやっているのかな、と考えていたんですけど、
この間話してたんですが娯楽に徹したゲームって大事だな、と。
ゲームといえば障害を乗り越えて攻略するのは基本ではありますけど、
必死にやることで疲れたり、達成感を得るまでに何度もゲームオーバーになることで
ストレスが重なることも多いわけで。
そんななか、今のアイマスのような作りをしてるのは珍しいと思ったわけです。
(育成や衣装コンプを考えると時間的なハードさはありますけどね)
ゲームって本来娯楽ですからね、プレイヤーに対してシビアすぎず、
時には甘々にすることでただただ気持ちよくなってもらう、って姿勢も必要だなって。
posted by ひづめ at 01:08| Comment(0) | ゲーム制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: