2019年10月07日

『イースIX(とVIII)』

ースIXをクリアしましたので 感想などを。
0.png
キリシャたんが可愛すぎてつらい!(感想)

ファルコムさんのゲームに関しては いい意味で古典的なゲームを作り続けている印象で
ここ10数年は遊ぶ機会もなく イースに関しては異端ぽい3しか遊んでない程度のにわか。
が 前作8は「漂流村を作るとか面白そう。イラストも今風になってるし」と興味がわきまして
PS4版を購入してみたんですね。そしたらハマってしまい 9も楽しみにしていたんですよ。

そもそも8がどう面白かったかというと「ストーリー」「ゲームプレイ」「冒険の楽しさ」の
3本柱が そつなくバランス良い高いレベルで まとまっているからだと思います。
ここらへんは やっぱり老舗の匠の技ということなんでしょうか。

『ストーリー・キャラクター』
自分は幻想水滸伝が大好きなんですが 多くの人が絡んでくる群像劇が好きなんですね。
いわゆる同じ世界を舞台にしたシリーズもの。
例えばミステリィ小説でも ホームズとか御手洗とか それぞれの話は1本の話として楽しみつつ
時間を経たり時にはさかのぼったりして 登場人物たちのその後とかが少しずつ語られていく。
イース8も9も 事件を解決するために奔走するアドルの元に人々が少しずつ集っていって
いつの間にやら拠点ができ 多くの人が織りなすコミュニティになっていく……
a.png
「アドルが どこかの場所にいって勝手に冒険してる」話じゃないんですよね。
多くの人と関わり合い アドルもまた影響を受けていく……という まさに群像劇。

かなりのキャラクターが登場しますけど それぞれ設定がしっかりあって
その伏線の張り方や 情報の出し方も丁寧です。
メインの仲間たちも 8ともども「冒険の仲間」感が出ているのがいいんですよねぇ。
話が少しずれますが ペルソナシリーズ5まで全部やっていて 5はどうしても
受け付けなかったんですが ここが一番大きかったのかもしれません。

『ゲームプレイ』
アクションとか育成要素ですかね。スピード感と派手さのいいとこ取り。
4.jpg
もともとイースはライトゲーマー向けということで難しくもなく
でもうまく立ち回ればさらに気持ちよく爽快に というバトル。
自分は年のせいか ゲームしてても疲れやすくなってきたのですがw;
イースに関しては 長くプレイしてもあまり疲れずに済んでいました。

『冒険する楽しさ』
探索要素とかやりこみ要素ですね。マップを開けば踏破率や宝箱が最初から書いてあります。
そういうのは「自分で探すのが楽しいのに」と冷めてしまいそうなものですが
不思議とそうならず「集めちゃうぞ!」って思えてしまう。
たぶんマップの作りとかがうまいんでしょうね。
「あそこには どうやっていくのかな」とプレイヤーが適度に考えて自発的に動いて
そして見つけたときの達成感 というのがちょうどいい按配で用意されている感じ。

3.jpg
前作の8と今回の9はゲームを構成する要素はほぼ一緒で グラフィック的にも同等。
本当にシチュエーションだけ変わった 新しい冒険という感じ。
大きな追加要素として異能アクションがあって これによってマップ探索の幅が出ています。
舞台が一つの街になったことでスケール感は少し狭くなったのですが
その代わり なんというか深みが出ている?印象を受けました。
2.jpg
というのも今回のお話「冒険家アドルの今までの冒険 そしてこれからの冒険」と
いうところをフューチャーしてるんですよね。
自分はシリーズの過去作をwikiレベルでしか知らないですけど
ずっと遊んできたひとには感動しそうな演出も盛り込まれてました。
とあるキャラが「君のこれからの冒険に連れていってくれ」と語るシーン 良かったですね。
こういうシリーズものの強さというか 連作の積み重ねを生かした展開は素晴らし羨ましい。

というわけで アドルの次の冒険が楽しみで仕方ありません。
「ちょっとやってみようかな」と思った方は 廉価版も出ていますし
ぜひ8をプレイしてみてください。忘れていた冒険心が蘇るかも!?
posted by ひづめ at 01:25| Comment(0) | ゲーム感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: