2010年11月04日

『レッド・デッド・リデンプション(RDR)』

西部劇を題材にしたオープンフィールド型ゲームということで期待大でした。
カウボーイの時代は終わりかけ、近代化の波が来てる時代が背景ですが、
ゲーム的にはちゃんと無法地帯なウェスタンが再現されていて、
好きな人にはたまらないでしょう。

洋ゲーはあまり肌に合わないのですが、同じくオープンフィールドの
正統派中世ファンタジーRPG『オブリビオン』はプレイ。
このジャンルはゲームとしてはひとつの究極の型だと思うんですよね、
「広大に用意された舞台の中で好き勝手に生活できる」という意味で。

このRDRはオブリオンと違いRPG的な成長&やり込み要素は少なめなので
単純にシューティングアクションと考えたほうが良いと思いますが、
ストーリーも長く、作り込みも流石のひとこと。
「オブリビオン」で感激したのはだだっぴろいマップをただ歩いているだけで
楽しめるほど、次々と景観が変わっていくところ。
なんとなく森を歩いてたら無人の小屋があって、なんだろこれ…?と思ったり、
そういう感覚が出せるのはゲーム作りとしてはとても大事ね。
「RDR」に関してはセリフのキレが良くて、洋ゲーらしい脚本が味わえる。
移動時間を使って状況や過去をさりげに説明させているのも面白い。
 
2Dで一度、こういうオープンフィールドなゲームを作りたいなぁと
思っているのですが、いつになることやら。
posted by ひづめ at 17:57| Comment(0) | ゲーム感想

2010年10月02日

ポケモンにみるRPGの楽しさ


去年もこの時期ポケモンやっていた気がしますが…コアなファンではないのですが
RPGってなんだろな〜と思いながらプレイしていました。

ポケモンの人気は、子供から大人ゲーマーまでファンがいて、
長寿だし、作りに安定感があり、やりがいあって、ファンも裏切らないし、と
基本的な完成度が高いというのがまずあるので、ゲーム作ってる人間として
見習わないといけない点が多いな、と思う次第です。

一見してRPGとしては無難な構成…と見せかけて(?)
そもそも一人旅で仲間がモンスターのみ。 主人公もしゃべらない。
そういう意味では、JRPGの進化の過程(ドラマ性とかキャラ性重視)とは
方向性が違っているのですね。
ここでシンプルゆえに、ゲーム性が浮き立ってくるという構図が見えてくる。

ポケモン世界は基本子供向けというのもあるでしょうが、
色々とツッコミどころが多い世界。
普通であれば世界観設定として煮詰めて構築する部分を
あえて軽くすますことで、「モンスター集めて&育て」という芯となるシステムの
邪魔をしないようにしている、というところは大事なことと思います。

また、目的地に向かって旅をしていくロードムービー路線なのもいいところ。
ドラマ性の強かったFFXも旅っぽさを押し出していましたが、
一見対極っぽく見えて重なっている部分があるというのは面白いかもしれない。
そもそもポケモンはストーリーを排除しても成立してしまうゲームになっているのが
RPG好きとしてハッとさせられるところがある…
それでもプレイを続けるなかで、プレイヤーなりに旅をしてきたなぁと思わせる
工夫があるんですよね。 後半にいくほどBGMも盛り上がるし。
ストーリーやら懲りすぎると「やらされ感」が強くなってしまうので、
こういうプレイヤー任せなゲームは多くあってほしいと思うところ。(業界的に

今回BGMかなり良かったのでサントラ買おうかなー、作業BGM.
posted by ひづめ at 01:03| Comment(0) | ゲーム感想