2013年11月06日

冬コミリリース予定

ようやく告知となりましたが、DEJのオールインワンパックを頒布予定です。
http://atelier773.dojin.com/dej/index_comp.html

「すわ完全版商法か!?」と疑われそうですが、基本的に内容は変わっていないので
そこは安心して(?)いただければと思います。
キャラ一覧と一枚絵ギャラリー、一部シーンと一枚絵の追加、テキストの調整が
主な変更点となります。

昨年の冬コミあたりからすでにパッケ版が在庫切れを起こしていましたが、
個別に追加する余裕がないため全部入り版を用意する運びになりました。

<パッケージ交換割引の実態>
イベント販売時限定となりますが、各パッケージをお持ちいただくと
1章ごとに500円ずつ割引しようかと考えています。
全部入りはパッケ版で2000円かなぁと思っているので、全作持ってきた人はタダで交換可能!
……なのですが、今回落選して委託となりそうなので、委託先で邪魔くさいことするの?とか
そもそも持ってくる人いるの?などと思っていて、どうしようかと悩み中。w
DL版ですが元々価格低めに設定していたこともあり、バージョンアップ等の予定は
ございません、ご了承いただければと思います。

<委託先募集>
というわけで委託先を募集しております。よろしくお願いします。
置かせていただくの、売り子兼どちらでも可能です!

<テストプレイヤーさん募集>
同じくテスターさんを募集です。感想よりも単純に不具合チェックのみでOKです。
通しプレイできる方が望ましいっ……!
全部入り版のページにフォームがありますので、そちらからご応募お待ちしております。
posted by ひづめ at 00:24| Comment(0) | 『DEJ』

2013年07月14日

夏コミのサントラ曲目その2



前回に引き続き、サントラ内容紹介、今回はDEJパートです。
ギャグ寄りのまんけんとは打って変わって、全編渋くカッコいいです。
これだけ見ても意味がわからないと思いますけど、w
サントラ購入頂いた時に合わせて見て頂けると良いかも良いかも。

「ローランドの風」(イベント曲1)
サビ?がとってもかっちょいいのでテーマ曲ふうに要所で使っている曲。
ただそこまでが長いので、長いシーン出ないと聞けないのがもったいなかった!

「渡り鳥無宿」(イベント曲2)
「死人に口なし」(イベント曲3)
ダーティーで泥臭い汎用イベント曲。

「荒野のへそ カウストンベル」(カウストンベル)
カウストンベルでジョー×フランなんかの平和な場面で使われてる曲。
以降もジョゼットが楽しげにしてるシーンなんかでも使ってますね。
ジョー×イナホとか。浮気シーンのテーマでもあったのだ。

「鉛には鉛を」(緊迫曲1)
緊迫シーンで使っている曲。ウェスタンの緊迫、てムズそう。実に。

「大地の子」(フーロ)
フーロの集落で使っている曲。以降もイナホや精霊神のシーンで。
いかにも部族ふうって感じでかっこいい。RPGで後半にたどり着いた村的な!

「首都 ニューウォーター」(首都)
首都でかかっている曲。
以前にも記事にしましたが、南軍歌「I Wish I Was in Dixie」を元に
お祭り騒ぎな雰囲気にアレンジしてもらっています。
実際に町中で楽団が演奏しているような、そんなイメージ。

「亡霊」(イベント曲4)
重いイベントシーンで使っている曲。
こちらは「ジョニーが凱旋するとき」をアレンジしてもらっています。

「ホーボーの口笛」(イベント曲5)
哀しい雰囲気用のイベント曲。

「死者の足音」(緊迫曲2)
緊迫BGMその2。最初は前半後半で構成が逆だったのですが、
出だしに緊迫感がないと使いにくかったので入れ替えてもらいました。

「最果ての街 エルロソ」(エルロソ)
#3全編で使われている曲。このエピソード自体がいかにもウェスタン、
マカロニ風の雰囲気に満ちているので、この曲もいかにもって感じでかっこいい!
ひゅるるんるん。

「決着の時」(イベント曲6)
事態を切り抜け、光明が差し始めた時に使っているかっこいい曲。
もともと決闘シーン用に発注したので、燃えるようにラテンの雰囲気を入れてもらっています。
posted by ひづめ at 18:10| Comment(0) | 『DEJ』

2013年02月05日

イナホのコスプレキボンヌ


コスプレ専門誌『COSMODE』3月号でDEJの紹介記事を掲載していただけました。
同人ゲームを紹介するコーナーがありまして、そちらで鈴ノさんのコメントつきで
キャラクター中心に載っています〜。(となりはあのファタモルガーナだ!)
こういう風にネット以外で同ソを取り上げてもらえるのは大変うれしいですね〜。
フリーゲームは取り上げている雑誌も多いのですが、有料だと新鮮でした。

posted by ひづめ at 00:06| Comment(1) | 『DEJ』